2009年4月1日水曜日

警察署からの電話 (威厳と制服のデザイン)

先日、警察署から電話があった「○○警察です、お嬢さんの盗まれた自転車が見つかりました。お嬢さんの連絡先教えてください」

今の時代に、○○警察の無神経さに唖然!「こちらから連絡を入れますのでそちらの電話番号を教えてください」と返事。

こちらから電話入れると「○○警察です」と出てこられたが、これでもまだ信用できない。振り込め詐欺で警察を名乗る奴が急増しているから・・・イヤー大変な時代でんな!

約2年前に娘の自転車が盗まれた、盗難シールははがされていたが、自転車にも車体番号が刻印されている。たまたま警察署が窃盗犯を捕まえた、彼の持ち物を調べていると、自転車も盗難車(娘の自転車)だった。

結局、警察署に出向き、調書(電話で言った、自転車が無くなった時の状況を警察で作成してくれている)にサインをし、自転車を引き取り戻った。でも次の自転車は購入してある。不用な自転車は購入した自転車店が無料で引き取ってくれた。

警察の方のご苦労がわかる。自転車が出てきたので持ち主に連絡をしても、まず本物の警察として対応してくれない。警察の名を語る詐欺犯はもちろん許せないが・・・

制服のデザインに問題があるのではと思う!
街を走っていると、ガードマンか警察官か区別がつかない。昔は警察官らしい制服だった、ガードマンの職業が出来てその制服が立派になりすぎたのと、警察の制服が機動性からかカジュアルになりすぎたのでは?

警察官の制服はもっと威厳のあるものに工夫すべきだと思う!
それより、警察を語る悪い奴をハヨー、ツカマエナアキマヘンナ!