2009年5月5日火曜日

ゴールデンウィークの白馬村 その2

わが別荘の管理人、すなわち民宿の親父の勧めもあり、別荘~姫川源流~佐野坂スキー場~青木湖々畔~中綱湖々畔~鹿島槍スキー場~鹿島槍黒沢高原~木崎湖展望~木崎湖~中綱湖~青木湖~佐野坂スキー場~別荘の行程をひいこらペダルを踏んできた。

朝9時にスタート「ルンルン」、前述の姫川源流から、佐野坂スキー場はチャリンコを押して上がる。そして青木湖へダウンヒル、中綱湖まで専用自転車道の気分になるほど車は通らない。

中綱湖は鹿島槍スキー場の麓になる。スキー場のゲレンデやリフトを横目で見ながら、チャリンコを押しながら黙々と歩く。途中ショートカットと脇道に入った。ダンダン道なき道に、左右から視線と泣き声が「キーッ」「キーッ」サルが集団で歓迎?? 

お猿さんの生活圏をアラカンが荒らして怒られてしまった。挙句の果て行き先には大きなダムが・・・撤退して元の道に戻る。仕事でも、遊びでも手を抜こうとしたらあきまへんな!人生ショートカットはありまへん!一歩一歩まじめにやるだけでんな!

ただひたすらチャリンコを押しながら約2時間。この景色が目の前に!全てが許せた!仕事はプロセスも大事やが、結果がついてこないとには、今回プロセスは辛かったけど、その結果、成果は「はなまる」。この景色見てーや!最高やで。まるでスイスや!(行ったことないけど)爺が岳、鹿島槍がパノラマや!


鹿島槍スキー場のレスト・ハウスが営業していた、ほぼ貸しきり状態。テラスに陣取り、早速生ビールを注文、天ざるの天ぷらをあてに、この絶景をつまみに、酔わない程度に、少しだけグイグイ頂いた。


レスト・ハウスのお兄さんが、このあとは大町温泉にただ下るか、少しアップダウンはあるが景色を楽しんで「小熊山トレッキングコース」から、木崎湖に降りていくか?

後者を選んだ、少しのアップダウンではなかった、約1時間ほぼのぼり、また押して歩くことになった。でも、所々に絶景が見える。木崎湖展望(ここからパラグライダーの人が飛び立つらしい)も少し足がすくむが・・・絶景!


ここを超えると、木崎湖湖畔まで一気にダウンヒル約20分ただただ下る!対向車は3台だった。降りたところに「小熊山トレッキングコース」入り口の看板が、中綱湖側には看板も何もない。