2009年6月4日木曜日

商品開発の基本は「調・考・美・伝」(仕事のかばんで再認識)

昨日に続きかばんの話。
普段仕事で移動するときは、LOFTで買った、東京 ノーマディック(株)のこのリュック&ショルダートートバッグ。

パソコンを持ち運ぶようになって、手提げかばんアラカンには辛い。ゴロゴロ引っ張って歩くのも皆さんの迷惑になるし・・・でも、でかいリュックもいやだ!探していてLOFTで出会った。

商品開発の基本は「調・考・美・伝」や!
調べて行動。よーく考えてコンセプトを明確にせなあかん。そしてそれは美しくないとあきません。そして、そのものをどう伝えるか?それが「調・考・美・伝」

「伝(つたえる)」ことがよく疎かにされている。
ご近所の調査もよい評判、頭も賢く考え方もしっかりしている。そして美人。でも全て良い人でも、お見合い写真を間違えると、なんにも伝わりまへん。
商品だと「カタログ」のことですかね! 商品のよさ、コンセプトを顧客の琴線に触れるようにどう伝えるか・・・

このかばん、ホンマ、オッサンが持つものを良く調べてある。伝え方もお上手。
このパンフに書いてあるものにプラス、P社の軽量ノートパソコンも入ります。この説明パンフを見て、購入を決めた。しかも定額給付金でもおつりがきます。重宝してますが・・・美しいか?デザイン(お洒落度)をもう少し工夫したらヒット商品に!

生地をもっとしっかりさせると風格が出るのかな? 実用価値とデザイン価値のバランスが必要かも。

経営の神様「松下幸之助氏」が昭和26年渡米から帰国したときの第一声が「これからはデザインの時代や!」商品の実用価値にデザイン価値を加え、良い商品をつくる。

実用価値とデザイン価値の調和、永遠の課題だが、追求したいね! 
このブログを書きながら、ノーマディック(株)のホームページhttp://www.nomadic.co.jp/index.htmlをのぞいた、考え方のしっかりしている会社です。あれも、これも欲しくなる。ファンになりそう!注目してまっせ!がんばってや!