2009年6月20日土曜日

ちょっとした気配りが、成功者への道かも?

「キヨセ時計店」と生菓子「季寄せ」の話から・・・

アナログの腕時計の電池が切れて、管理人の大好きな大阪駅前Yカメラに持ち込んだ。「ベルトのピンを外して電池交換になりピンの予備が無いので、お買い求めになったお店に持って行ってください」と断られた。(心の中でYカメラの好感度ダウン、これ以上下がらんといてや!)

確か、出張の折 羽田空港のショップで衝動買いして、数年。羽田まで持っていくんかいな?あほな!

で、ネットで検索。キヨセ時計店が有った。
http://akiyose.com/houhan.html

宅配便で届けるのに、大切な腕時計を入れる箱を我が家の家主様(妻)にお願いしたところ、適当な箱を用意してくれた。

早速HPで依頼し、宅配便で時計を送った。10日ほどで動くようになって戻ってきた。料金は送料込みで2,500円程だった。


返送連絡の「キヨセ時計店」からのメールに「季寄せ」ブログでつかわさせて頂きますとあった。

戻ってきた箱を見て意味がわかった。我が家から叶匠寿庵和生菓子「季寄せ」の箱を使って、「キヨセ時計店」に腕時計を届けた。


「キヨセ」さんに「季寄せ」の箱で・・・「キヨセ時計店」さんは「オーッ」と思ったでしょうな!

最初から判っていたら「キヨセ時計店」さんに一言添えて・・・そしたらチョット位は安くしてくれはったかも(アラカンのくせに、めめしい発想してしもた!)

もっと物事に注意を払っていたら、相手先を気分良くすることが出来たのに・・・残念!ただ、箱につめて送るという、行為だけをしていた。

こういう時に気がつく人が成功者になると思う。チョットした気配りが出来るか、気がつくかで人生が違う!(チョット大げさか)

仕事でもよくある。目標が見えてくると、周りが見えなくなる。目標に向かってだけ ただ走るから、そのときに失敗が多い。周りへも気配りを忘れ 関係者や職場で嫌われる。(それはアンタだけやと周囲の声)

チョットした気遣いで相手を喜ばせたり、逆に怒らせたりするもんでっせ!
目標が見え、到達点に手が届きそうになった時こそ、周りに目配りを。