2009年7月2日木曜日

ホテルのミラーについている照明器具のデザイン

ホテルのミラーについているブラケット照明器具のデザインに一言。
金色の筒状の金具でミラー部に固定され、パイプで灯具につながっている。

デザインで失敗しているのは、ミラー部に固定されている筒状の形状。


筒状のものが縦に3分割され、中央部からパイプが出て、灯具につながっている。
まるで、灯具が動くようなデザインである。

それが動きまへんねん!

100人中99人は「動く・回転する」と思うやろね! 「動かない」思う1人はこの内装設計を担当した人人か? ミラーをデザインした人だけ?(きついこと言ってゴメン! 世のためやからね)

管理人も動くものだと思って、動かしてみようとした、しかしビクとも動かなかった。

筒を3分割することは「動く・回転する」を意味している。

ホテル全体の設計をしていると、細部に目が行き届かない。でもこのミラーは誰かが図面を引いて設計したんでしょうな? キーツケナアキマヘンナ!

もし、宿泊客が、動くと思って、無意識に力を入れて・・・

どこかにひずみが出来て、何かトラブルになるやろね!

木部と一体感のある、四角柱などのデザインなら「動く・回転する」表現にはならないよ!
老婆心ながらご参考まで!