2009年7月11日土曜日

テトラポッドのデザイン 美しいと思った。

どなたがこのテトラポッドデザインを考えられたのか、尊敬したい。
先日知人の海の家?(別荘)をたずねた。もちろん前は海。久しぶりにテトラポッドの上を歩いた。

しげしげ足元を見ていると、本当によく考えてある。4本の円錐から出来ている。
形としての「張り」があり、自分を主張しているようにも見える。

なんとなく乱雑に並べても、愛嬌がある。

そしてお互い絡み合って、大きな波を砕いてくれる。日本の領土を守っているんや!

不勉強な管理人はここで少しお勉強
株式会社 不動テトラ 様 のホームページから
テトラポッドとは商標名「四足」の意。TETRAはギリシャ語で「4の意」。
テトラポッドは1949年フランスで産声、日本に来て50年。
大きさは0.5トン型から80トン型まである。(下図参照)

型枠を借りて、設置場所の近くで成型する。輸送量がかかりすぎるから。
なるほどなるほど。

テトラポッドは、フランス生まれやったんや! 知らんかったなー! それでなんとなく「オシャレ」なんや!
大阪生まれの管理人とは月とすっぽんや!

デザイナーが関与していたかは定かでないが、技術者が、素直に波を砕くため、足を踏ん張って動かないように、積み重ねるためには・・・などなど。機能面から形を考えていったんでしょうな!

機能面から研ぎ澄まされたモノは、シンプルで美しいものが多いですな!
デザイナーは機能面からデザインしていかなあきませんな!
「機能」+「デザイン」+「納得価格」=「商品力」でっせ!