2009年11月2日月曜日

日頃の行いと天気は連動している

この休日、仲間たちと総勢6名で、立山・室堂に行ってきた。信濃大町 扇沢から「トロリーバス」「ケーブルカー」「ロープウエイ」「トロリーバス」と乗り継いで室堂へ。約20年ぶり。
往復8,800円/1人は、チート高いですな!

乗り継ぎのための時間にゆとりをとってある。約15~20分くらい。そして必ず土産物屋の中を通らないと、次に行けない。

「エライ!」良く考えてある。乗り継ぎ時、景色も見るが、みやげ物を見る時間もある。観光気分で普段と別の財布に手が出る。

団体客の多いのにも驚いた、韓国、台湾、中国からの人達。約2/3はアジアの人だと思える。マナーの違いで少し気になることはあるが・・・
日本が少しでも潤うならそれくらいガマンします。

日頃の行いがよい管理人が行くとこの天気!(誰や!歩くテルテル坊主が行ったからや! と言っているのは? ここまでテカテカではアリマヘン!)

美しい景色を見ると、デザインの力はなんや?


杭の木口に鉄で出来たキャップ。木口は乾燥するし、割れも起こしやすい。お金はかかるけど賢い考えやね!昔から建築物では銅を巻いたり色々してますわな、もっと賢い解決策無いのかな?

イヤーッ!そんなこと考えんと、景色景色!
二日前に雪が降って、管理人を迎えたときは「ピーカン」、そして翌日は雨。イヤー日頃の行い大事デンナ!(毎日飲み歩くこととチャイマッセ!)


日頃の行いの良い管理人に、最高の天気をプレゼントしていただいた「カミサマ」有難うございます。これからも良い行いを続けます。ハイ!