2010年3月24日水曜日

大阪暮らしの今昔館「聴竹居と藤井厚二展」

先日、門真市での講演が早く終わり、JR天満駅近くで、美女(秘密)と食事の約束をしていた。この時間なら食事の前にチョット寄り道を・・・

天神橋6丁目にある、大阪市住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」で「聴竹居と藤井厚二展」をやっている。門真から跳んでいった。
写真は「聴竹居」のHPより。

「大阪くらしの今昔館」に17:10についた。ヤッター見れる。もう頭の中は早くても、閉館は18時だ! と思っていた。

ナッ!ナッ!ント入館は16:30まで、17時閉館。これはないやろ!
ヒラマッアン! 以前セミナーに来たときは18:00開演もあったで。

仕方なく気を取り直して、天神橋商店街は、昔「十丁目筋商店街」呼ばれ
地元民は「十丁目」と呼んでいる。

生まれ育ちが天満のボンボン? の管理人は、6丁目までは過去何度も来ているが、6丁目の、先の7丁目からを、知らない。
下の写真は、北側から6丁目の入口を見る。ここは商店街。

よし!十丁目まで歩いてやれ。北へ、北へと歩いた。商店街としては7丁目途中で終わる。その先はマンション・オフィス街。そして、十丁目ではなく、8丁目で終わりだった。
下の写真は、北側から8丁目の入口を見る。ここはオフィス街。

「大阪くらしの今昔館」が17時に閉館するから、天神橋筋を探索できた。と慰めながら、トボトボと天神橋5丁目の美女の待つレストランに向かった。

「大阪くらしの今昔館」での「聴竹居と藤井厚二展」は、4月11日(日)までやってます。16:30までに入館してや! トホホ!