2010年10月3日日曜日

守・破・離 デザイナーは模写から

先週は、珍しく昼も夜も「ウコンの力」片手にドタバタしていた。

金曜日は、大阪市内の某企業のセミナー講師。
若い開発者やマーケティング部門の方に
「クリエーターの発想に役立つ100項目」 というタイトルで
5時間持論をぶってきた。

業績の良い企業の、若い人達の目線はアツイですな、こっちも若返る。

質疑応答で模写の話になった。
管理人は、若いときドイツB社の製品を模写して図面化した。
その時ディティールで「目からウロコ」が、多々あった。

世界の安藤忠雄氏も、若いとき模写から始めた。
「建築家安藤忠雄」に詳細が記されている。

デザイナーや、建築家を目指す人が「模写」するのは
芸事などで、よく言われる「守・破・離」の「守」だと思う

安藤忠雄氏は「守」を学ぶために、コルビュジェの本を入手し
図面を模写した
そして日本、世界の良いと言われる建築見て回った。
「建築家安藤忠雄」より

すなわち「守」ですわな! 

安藤氏は「破・離」と進み、世界を代表する建築家になった。
ドイツB社の製品を模写したおっさんデザイナーは??

オリジナリティは「はい!これです」と言ってすぐには出まへん。
評価の高いデザインを、模写し「守破離」の精神で。

ご支援も! ヨロシク!
人気ブログランキングへ