2010年10月18日月曜日

デザインは第一印象で魅せる 人も第一印象で

「就活」の3年生、必読! デッセ!

人間が五感で感じる情報の、87%が視覚情報と言われている。
すなわち、見た目で判断する。 「人」も「商品」も。

初対面の相手で
好き嫌いや、信頼できるかどうか
判断する時間は?

日経新聞の記事20100227(要約下図参照)

5分以内で判断できる。 約60%
30分以内で出来る   約80%

判断のポイント(下図)
「表情」 「動作振る舞い」は、視覚情報。 すなわち見た目!

「言葉遣い」 「話の内容」は、管理人の経験上、5分以上は必要と思う。

「人」も「商品」も「見た目の第一印象」が、勝敗を決める。
商品デザイン、大事ですな! わかってマッカ 経営者の方々!

3年生の学生も「就活」にはいるが、見た目大事に、セナ アカン。
それと、管理人の口癖「誰に何を」「何を誰に」も忘れんように。

デザイナーを目指しているのに、その服装はないやろ! という奴もいる。
清潔で・・・さすがデザイナーを目指しているなというイメージを出す。

ヒント、人は先端・末端に目が行く。 頭、手、足、持ち物・・・
ヘアースタイル、腕時計、靴、かばん・・・

商品デザインも、ディティールをミスると、すべてが悪く見える。
でも、一番大切なのは「中味」でっせ。
製品なら機能・品質、人なら能力?

第一印象、アラカン丸出しのおっさんにご支援を!
人気ブログランキングへ