2011年5月11日水曜日

イタリア人は左利き? スパゲティを食べながら?

母の日に 家主様(妻とも言う)と イタリアレストランに入った。
と言っても、ショッピングセンターにある、チェーン店のレストラン。

買い物ついでの昼食に、スパゲティを頼んで、テーブルの、水を飲もうとすると、フォークと、スプーンの入っているかごを 右手で引掛けた。

邪魔だから、テーブルの真ん中において、しゃべっていると、従業員の方が、伝票を持ってきて、またオッサンの右手においた。



どうもマニュアルでそうなっているらしい。他のテーブルもそうなっていた。 でも置くなら 左側ヤロ!と 心の中で小さくつぶやいた。

他のもう少し安い、伊レストランチェーンは、理系の学生を採用し、徹底的な合理化・効率化を図って、廉価でおいしい料理を提供していると聞く。

床を拭くモップまで30センチ幅で3往復するより、90センチ幅で1往復にし、ムダを省くなど。 なるほど!なるほど!と思うことが多い。

ちょっとライバルを見習ったら。フロアーに10名、厨房に5名。客の数からしてもちょっと多い? 理系の口うるさい おっさん客ですな。

でも、美味しかった。 麺をゆでるのに、15分かかる言われ、その間 美味しいニオイが・・・空腹時の15分待たすのは、良い調味料ですな。

飲食店を設計するとき、最高の調味料は「人通り」。 次の調味料が「ニオイが届く店内で 待たす」こと。そんなことを思い出しながら いただきました。

がんばれ!!日本 応援のクリックも
人気ブログランキングへ