2011年5月27日金曜日

季節と色彩 年齢と色彩

昨日、0歳の若様(孫とも言う)のお供で、ベビザラスに入ってビックリ。
水着売場の、色の鮮やかなこと。




どれもが 彩度の高い「ビビッドトーン」で配色してあるものだ。
圧倒される。大人の売場にはない配色だ。

一般的に、色彩のトーンと配色で、よく言われるのが
「トーンと季節」

春には「淡いトーン」の商品が好まれ
夏になると、活動的になり、彩度の高い「派手なトーン」が好まれる。
秋冬は、しっとりと落ち着く「ダークトーン」が市場に増える。

トーンは下図参照  上下に明度(明るさ) 右に彩度(鮮やかさ)



この「トーンと季節」は定説だが
「トーンと年齢」も あるかも

乳児は「淡いトーン」で、カワイイかわいいで 優しく静かに
動き回る幼児になると、イキイキと 彩度の高い「ビビッドトーン」に
特に夏の水着は・・・

ジイサン バアサンになると 落ち着いたトーンに これ定説。

でも最近のジジ・ババは 幼児並みに 動き回るので「ビビッドトーン」が目に付く? せめてヒョウ柄までに しまひょな。

東北にも ビビッドな生活が 早く戻りますように!
人気ブログランキングへ