2011年5月31日火曜日

顧客に感動 「意図が見えるデザイン」

食卓に有った、細切りの塩こんぶ「OOっこ」を開封した。普段几帳面な
キッチリした性格(ウソです)はハサミで切ることが多かった。

今回は、案内のある切り取り口から、手で裂いた。そうすると袋のウラとオモテに段差が出来、自然に指がかりが出来ている。



これが意図して 設計してあるなら 素晴らしい顧客目線の配慮だ!
感動ものだ。 「OOっこ」さんに パチ!パチ!です。

でも、意図して設計してあるなら、デザインがアキマヘン!
管理人なら コナイシマスナ。(下図参照)



せっかくの 顧客目線の親切設計を、顧客に感動してもらわな
その意図が伝わりまへん。 それを伝えるのもデザイナーの大切な役割。

上図右上×印は、開封したときに偶然指がかりが出来たと思う。
上図右下O印は、顧客のために、親切に設計してあると思う。
さすが、次も「OOっこ」買おう。 友人にも言うたろ! となる。

偶然やったら、顧客目線で指がかりのできる商品開発タノンマッセ。
チャンと、意図の伝わるデザインをしてな。

がんばれ!!日本  ご支援のクリックも、ヨロシク。
人気ブログランキングへ