2011年8月3日水曜日

「邪魔くさがり」は 発明の母

友人に誉めていただいたので、おっさんデザイナーの知恵を紹介。

デザインモデル作るとき、作業台に小さなゴミが出る。イチイチ片付けたり、拾うのも面倒であり、邪魔くさい。

作業台に 買い物のときいただいた、紙袋を、養生テープで止めてある。
カッティングシートを少し袋に近づけ ゴミを、手などで、この紙袋に



ある程度たまれば、そのままゴミ箱に・・・それだけのこと。

これは効率化の知恵や! などと友人が、言うものだから
恥ずかしながら紹介させてもらった

効率化のアイデアや知恵は「邪魔くさがり」から出てくる

かみそりで紙を切っていて、イチイチ刃を研ぐのが「邪魔くさい」から
1956年に 折る刃「オルファ」が発明された。

お菓子を量り売りしていて、客が集中するとき「邪魔くさい」から
ヒマな時間帯に袋詰め「パック商品」が主婦の店ダイエーで発明された。

大繁盛のすし屋で、イチイチ注文を聞いていたら「邪魔くさい」から
ベルトコンベアーで寿司を回転させたのが 回転寿司の始まり。

「省力化」「効率化」・・・これほとんど「邪魔くさい」からの発想です。
真面目にキッチリやる人より、邪魔くさがりバンザイですな。

邪魔くさがりに 応援のクリックを
人気ブログランキングへ