2011年8月6日土曜日

一流の実行力と 二流の戦略 

ダイキン工業 井上会長がよく言っておられるのが、表題の
「一流の実行力と二流の戦略」でいい。 管理人も同感です。

20代の中頃、デザイン部門の会合で諸先輩を前に「企業としての色彩がバラバラである・・・」などと言った。

トップに「ジャ! どうすればいいのか まとめよ!」と言われ
プロジェクトが発足、リーダーになった。 特に戦略はないのに・・・
メンバーはほとんど一回り上の世代。

当時製品に使われていた色が全社で約2万色。 それをほぼ現物で集め
黙々と整理した。 近似色をボードに貼っていく作業。

その作業は 約200枚のボードになった。 若さの実行力ですな。

当時のオフィスは、部屋別空調(パッケージエアコン)で、真夏は会社で泊まるほうが快適だった。節電も言われていなし・・・
丸秘の泡の出る飲料も、現像液を入れる冷蔵庫に コソット在庫していた。

ボードが出来上がってくると、諸先輩の目が変わってきた。
そして 出来上がったのが「商品標準色」見本帳



第一版発行から、管理人が退職する30数年後も継続されていた。
若いときは 根気と実行力があった。 実行力とは若の特権?

今も「二流の戦略」と「二流の実行力 + 一流の老人力」で・・・
応援のクリックもヨロシク。
人気ブログランキングへ