2011年11月5日土曜日

顧客目線とお役所仕事

出かけようと玄関に出ると、郵便屋さんのバイクがとまった。
いつもご苦労様です。 郵便物を受け取ろうとすると

郵便屋さん 「このハガキ、切手を貼るのを お忘れです!」
オッサン   「スミマセン! お手数をおかけしました」
郵便屋さん 「ほとんどの 皆さん忘れてはります」

ボケの オッサンをいたわる 優しいお言葉を。

ハガキを見てみると
「日本年金機構」に出したハガキ。



思い出すと 封書で案内が届き
同封のハガキをチェックし 期日までに投函せよ!
チェックして、投函した。

プライバシー保護のため目隠しシールまで同梱されていた。
1~2箇所のチェックでプライバシーのようなことは?

全員 送り返せと なっていたので
受取人払いになっていると 思い込んで ポストへ投函

民間企業で長く仕事をしていた人間には
このての 案内は、受取人払いが常識ですわな。

お役所仕事は、プライバシー保護のシールは同梱するが
切手は 各自貼れ! となるんですな。

その結果、郵便局に迷惑をかけている。
切手を貼り忘れた オッサンも悪いが・・・

郵便のオニイサンの
「皆さん 切手貼るの 忘れてはります」が救い。トホホ!

いつも相手(顧客)の立場にたった
仕事や デザインをしたいものですな。

応援のクリックは 切手不要です。ヨロシクお願いします。
人気ブログランキングへ