2011年11月15日火曜日

手すりのデザインに パチ!パチ!

先週 グランキューブ大阪で展示会があり
気候がいいので、天満橋から歩いた。 約5,000歩。

アラカン仲間のおじさんが 「歩くで!」と スタスタ行くので
致し方なく、トボトボとついていった。
(地図の赤い点線がその行程)



市役所前では、知事選に立候補した Kさんが大音量で・・・

国立国際美術館を右折
その時の 手すり、形状の「主」と「従」が出来ていた。

水平線の手すりが、持ちやすいようにデザイン処理され
また、全体形状として参考になる。

柱にテーバーがつき、手すり部では細くなり
持つときの邪魔にならず、形状として「従(脇役)」に徹している。



下図右側のように 下からの幅でデザインすると
手すりを持つとき 柱が邪魔になり、形状としても目立ちすぎる。



細かい、生活者目線のデザイン処理 お見事です。パチパチ!

手すりや・ベンチが目に入るのは、年齢のせいかな?
アラカンに応援のクリックを!
人気ブログランキングへ