2011年11月26日土曜日

顧客は2度評価する

カッターナイフのデザインで感じた。


デザイン模型を作るとき
刃先が30度のカッターを使っている。

店頭でオルファのカッターを買い求め 
「オオ! 使いやすい」 と愛用している
見てくれのデザインも良い!

作業中、切りくずやメモ用紙にカッターが埋もれるので
探すのに時間がかかる もう1本欲しいと・・・

何気なく購入したのが
写真左の刃先30度のカッター



オルファの刃先30度のカッターには2種類あった
左「細工カッター」 右「リミテッドSK」



右の「リミテッドSK」が断然使いやすい。
なぜか?

寸法を測ってみた



あつかいやすい「リミテッドSK」は
あつかいにくい「細工カッター」に
厚み1ミリのアルミのカバーが されている。
そのぶんが太くなり、使いやすくなっている。

手元にあるカッターを測ってみた。
プラスチックカバーが
ついているもの(写真中央)は使いやすく
金属だけで 薄く細いものは使いにくい。
(愛用の「リミテッドSK」写真に入れるの忘れました)



試作して検討すればすぐに、使いやすさの評価は出る
ではなぜ、使いにくい物を作っているのか?

店頭の 見た目のデザインを重視?
金属だけで、スリムで、カッコいい

でも顧客は「2度評価する」ことを忘れないで・・・
1.「店頭での評価」価格やデザインやPOPなどを見て評価
2.「使ってみての評価」あつかいやすい、長持ちする・・・

デザイナーは2度の評価に耐えうるものを
デザインせな、アキマヘンナ。

「リミテッドSK」は2度の評価にGOOD。
でも、リミテッドとは限定品?

風邪気味で ゴホン!ゴホン!のオッサンに
お見舞いのクリックを
人気ブログランキングへ