2014年6月29日日曜日

上村松篁に学ぶ 観察力と努力


京都近代美術館 「上村松篁展」に行ってきました

日本画家の母親のもとに生まれ 13歳から 修行され
98歳まで 偉いですな

90代になってからの作品も展示してある
思わず 手を合わせた ゴリッパ!

88歳 制作中の写真が 会場にあった 凛としたお姿で
素人GAHAKUも 見習いたい

作品は 人物・鳥・金魚など 多いが
画集の 表紙を飾る 「熱国睡蓮」 (下写真)


「青柿」 「あじさい」 「樹蔭」などに 感銘した


誰もが 身近に 見る風景を これだけの 「絵」に出来る 
観察力と 発想を盗もうとしたが・・・

会場に スケッチブックが 
鳥・金魚・植物・人物・・・毎日スケッチされ

その 普段の努力が 作品になっている
努力なくして 無理ですな!

「絵が下手です」 という学生に
毎日描けば うまくなると 教えてはいるが・・・

自分は全くできていない

デザインワークも 社会の変化を見る観察力と
毎日 数をこなす 努力が 良いモノを作る

上村松篁さん ありがとうございました

ご支援のクリック よろしくお願いいたします