2010年10月21日木曜日

考える時間の長さよりも 考える回数が有効

管理人がお世話になっている、青森の「大先生」のブログ
マイブログリスト
「わくわくどきどき“青森”&目からウロコのビジネス生態学」に
今回のタイトルがあった。

本物はここをクリック ↓
考える時間の長さよりも考える回数が有効

その内容は以下。---------------------------------------

1日24時間365日という、
同じ時間を持っていながら、
ビジネス成果は人によって大きく異なる。

能力とか努力の差のことはさておき、
一般に有能な経営者やビジネスパーソンは時間の使い方がうまい。

その1つの解答が、考える長さでなく回数だ。

会社の抱える問題の解決について、継続して2時間考えるより、
30分間を4回考えたほうが考えが深くなり、成果に結びつく。

見方を変えれば、
2時間で1つの問題でなく、
4つの問題を考えることができる。

-―――――――――――――――――――――――――以上

「大先生」の許可を得て、それを管理人風に、図式化すると。

管理人の持論。 
80点のデザインは短時間で出来る。 (日頃の努力は必要だが・・・) 
100点のデザインは、スゴ~ク時間がかかる。
90点にするためには、80点の数倍の時間がかかる。

デザインも回数ですよ! 80点がコンスタントに出来るようになれば
同じ時間で85点だったり、90点だったりも出る。

イチローが、ヒットを狙って、ホームランが出るように。
石川遼君が、ピンを狙って、時々チップインバーディをとるように。

成果も出て、時間にもゆとりが出来る・・・まさしく善循環します。

考える時間の長さよりも 考える回数が有効。

ここではクリックすることですな! ヨロシク!
人気ブログランキングへ