2009年10月11日日曜日

91mm×55mmのデザインを考える

企業に勤めていたとき、新入社員の年賀状を叱った。

せっかくいただいた年賀状だが、故郷の父親の年賀状に父親の名前を
2本線で消して自分の名前を書いていた。

何の変哲も無い、デザインもされていない年賀状だった。

「バカヤロー、デザイナーたるもの、せっかく与えられた10cmかける15cmの年賀状のスペースをデザイン センカイ!と叱った。」

4年間美大で何を学んできたのか腹が立った。

職業として、仕方なくデザインを選んだやっちゃ! けしからん!
そういう奴が増えると困る。と真剣に思った。

デザインが好きで、仕事をして欲しい。好きなことは成功する。

色々な飲食店などで、店の名刺が置いてある。趣味で集めている。

店のことを考えて、一生懸命デザインしてあるもの。
手を抜いた感じはするが的確なデザインと思えるもの

もうチョット考えたらエエノニ! と思うもの。などなど

この91mm×55mmのスペースで何が出来るか、いろいろな人、飲食店のオーナー、デザイナー、建築家などが考えている。

どんな思いでデザインをしたのかな?
集めた名刺を見ながら考えていると楽しい。