2010年11月8日月曜日

指サックを愛用 老化か? ツライのう!

若いとき、タッチスイッチを使った商品を開発した。
その時、担当役員が「わしの指ではON/OFF出来ない」と言われた。

調べると、だいたい、50歳以上になると、手のひらの水分が減ってくる。
そして、人体の静電気を検知するタッチスイッチは、指先に水分がないので通電せず、検知できない。

そんな理由もあって、タッチスイッチの商品市場から減りましたな。
とくエレベーターでは問題になった。 今は改良されているのか?

そして、雑誌や本をめくるとき、指にツバを付けるのはそのせいである。
年齢とともに、自然にツバをつけてめくっている。

友人に「年寄り臭いから止めとけ!」と忠告したが、自分もなっていた。

新聞切抜が趣味の管理人は、自宅で、この「指サック」を愛用している。
でも、指が蒸れてくる(まだ湿気があるから? 若いのう!)だから、右端のように先端部をカットしている。(写真が見にくくって、スマンのう!)


新入社員のとき、伝票処理をするのに「メクール」という、メンソレータムのようなものを指に付け、ソロバンをはじいていた。江戸時代か?

「指サック」よりも「メクール」よりも、もっと便利商品ありませんか?
ハンドクリームを塗れば多少ましですが・・・。

ツバをつけて、年寄り臭く見られたくない、50歳以上の皆さん!
若い人にばれない、新商品考えませんか?

指先が乾燥するアラカンに、ご支援のクリックを!
人気ブログランキングへ