2011年8月29日月曜日

GDEXPO 本来機能とコンセプト S社に脱帽

グッドデザインエキスポ2011 その1

10数年前、人を介してSAMSUNGの開発担当役員と 2度新地で食事をしたことがある。 その時 管理人は偉そうにデザイン論をぶった。

その後 韓国は、国を挙げて、デザインに力を入れだした。ここ数年の韓国の製品は、技術・品質はモチロンのことデザインまで日本を・・・

SAMSUNGが考える (管理人の推測) 商品の
「本来機能とコンセプト」&「デザインコンセプト」 

テレビ画面の本来機能とコンセプトは 「きれいな映像を見せる」。
デザインコンセプトは 「画面だけ」。 その他のものは不要。と考える。

この テレビの周辺の「フチ」は約12ミリです。
まさしく「映像を見せる・画面だけ」が 表現されている。
残念ながら日本製でこれだけ細い「フチ」は なかった。



商品企画とデザイン企画と技術者が一体になっている。
目指すべき方向が 明確に打ち出されているからでしょうな。

この先は 映像がきれいな有機ELに巨大な投資をしたSAMSUNG
1~2年もすれば、縁無しの有機ELの大画面ディスプレイが市場に
その頃日本の・・・ガンバレ日本。

ヒョットして裏面まで、アップルのように???
裏に回ってなぜかホッとする 「まだ日本と同じや!」



今年の3月に同じような話で、フォトフレームについても意見を述べた。
会場に展示された フォトフレームは相変わらず「太いフチ」だった。

ここを参照 ↓
「商品コンセプトとデザイン」 フォトフレームに一言

商品企画やデザインの方は、商品の方向性を明確にして、技術者にしっかり伝えなアキマヘンデ。

新しい技術が開発されないのは「商品企画とデザインの怠慢」
それは、生活者がなにを望んでいるのか、素直に考えたらエエだけ!

がんばれ!東北。 がんばれ!商品企画者。 がんばれ!デザイナー。
人気ブログランキングへ